スポンサーリンク

Googleアドセンスに審査申し込み!合格までの道のりは?

副業
この記事は約7分で読めます。

こんにちは!サイトーです。

権利収入、広告収入、不労所得、なんか憧れる響きですよね。

はい、私サイトーもその響きに憧れてたクチでして、

ダメ元で実はGoogle AdSenseに申請していました。(笑)

ホントにダメ元だったのですがまさかまさかの一発通過でしたので、今まさに申請しようとしている方達の参考になればと思って記事にしてみます。

、、、と言う建前ですが単純に嬉しくて記事にしてるというのが本音です。(笑)

では早速、本題に!

Google AdSenseとは?

Google

まずGoogle AdSenseとはなんぞや?って人もいると思いますので簡単に説明しますね。

そんなのお前に説明されんでも知ってるわ!って人はどうぞスクロールしちゃって下さい。

手短に話すとGoogle AdSenseとは

Googleが提供するコンテンツ連動型広告配信サービスの事です!

ざっくり説明すると、

自分で運営するサイトに広告を貼り、訪れたユーザーに広告をクリックしてもらう事で収入を得る事が出来る仕組みの事で、Googleが広告を出したい一般企業を募って広告費を貰い、一般のサイトにその企業の広告を貼る事でサイト運営者にその広告費の一部を支払うというものです。

webには比較的疎い私のスペック

そして私のスペックですが、

プロフィールにもある通りごくごく普通のサラリーマンです。

仕事は営業系で、たまに提案用の資料作成などでexcel、Ward、PowerPointを触るくらい。

平日は満員電車に揺られ、

どちらかと言うとWebには疎く、総じてスペックは低め。(笑)

特に執筆スキルやライティング経験ががある訳でもなく、、、とまあそんな感じです。



AdSense申請のきっかけ

きっかけは、たまたま連休だったので前々から気になっていたGoogle AdSenseで副収入を得るべく興味本意と勢いで独自ドメイン取得しWard Pressを用いてオリジナルサイトを開設しました。

ここまでの所要時間はざっくり1日ってとこでしょうかね?

それこそ全てググって調べながらまさに手探り&非効率そのもので、もっと効率よくやれば半日程度でも何とかなる気がします。

この辺の詳細は話し始めると長くなるのでまた今度にします。(笑)

またその際、以下のサイトが非常に丁寧に書いてあったので参考にさせて頂きました。

参考:web-aqua

申請前、特に意識した事

クリック

その後、何とかサイト開設した後は以下に専念しました。

・プロフィールページの作成

・お問い合わせページの作成

・プライバシーポリシーの作成

・サイトマップの作成

基本的にここまでは、私のようなエクセル程度のパソコンスキルでも、Google先生に聞けばかなり優しく教えてくれます。

あとは、何かコンテンツを!って事で、とりあえず発信したい事はある程度イメージ出来ていたのでブログを5記事書いたら申請することにしました。

、、、そして、こっそりこれ読んで勉強してたというのはここだけの秘密です。(笑)

AdSense審査基準のあれこれ

そして更に調べてると、その時々でGoogleの審査基準が違うようだったのと、20回以上申請しても却下されて途方に暮れてる人が結構居たりするようで、ダメ元とはいえそれはそれで悲しすぎる。

そう感じた私はまずはGoogle先生はどんなところを評価するのか Google AdSenseのプログラムポリシーを読み込んでみました。

参考: AdSenseプログラムポリシー

意識して実践した事

その後、予定通り5記事アップしてすぐに審査の申請を行い、その後3日で無事に一発通過したというのが通過までの経緯です。

なぜ通過したのかは明確にならないためハッキリとはしませんが、

・プログラムポリシーを遵守

・毎日1記事投稿(フリー素材の画像付き)

・なるべく実体験に基づく記事を意識

・文字数は平均すると1500〜2000文字程度

・リンクや他の広告は一切無し

・審査通過時の投稿数は8記事

(申請時は5記事)

要約するとこんなところです。

正直、どうせ落ちるだろうと思っていて、トライ&エラーを繰り返し3回以内には合格しようと思ってたので、どの辺りが良かったのかは明確ではないというのが本音です。

また、アクセス数に至っては各記事0〜6回と相当貧弱でした。



まとめ

という事で、今はもしかすると比較的審査が甘い時期なのかもしれませんね。

とは言え AdSense審査を通過したって広告貼る許可貰ったくらいのもので、要するにこれでやっとスタートラインに立ったくらいの感じですね。言ってみればレベル1の装備無し

今後アクセスアップさせ副収入と言えるくらいになるには、当然SEO対策をはじめとしたサイトの企画設計からプロモーションやWebマーケティングなど日々勉強し先駆者達に負けない「価値あるコンテンツ」の積み重ねが必須条件となるわけです。

価値あるコンテンツの定義

「価値あるコンテンツ」と考えると何かに精通してたり、ターゲットが明確であったり、定量化されていて読み手に伝わりやすかったりと多々ポイントがあって、その辺り関しては巷でよく議論されていますので、今回はそちらに任せる事にします。

あえて逆の目線で価値のないコンテンツとならないように戦略を立ててRPG感覚で成長出来るように進めて行ければと考えてます。

おしまい

よく言われるブログを更新する上で立ちはだかる3ヶ月の壁やなどにもきっとぶつかっていくとと思いますのでその時はまた記事にしていければと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました