スポンサーリンク

情報化社会の弊害と価値。5Gの時代は取捨選択が必要に?!

世の中
この記事は約4分で読めます。

情報化社会の価値とは

Google グーグル

こんにちは!サイトーです。

突然ですが、ググるとホントになんでも分かる時代になりましたよね。

「ハロウィンの渋谷での逮捕者が!!」みたいなトレンド系のニュースや、

メディアの芸能ニュースでも取り上げられるような芸能人の恋愛ニュースなど、

個人の興味はもちろん、時事ネタ、政治、経済、金融、国際情勢、趣味やその他もろも

ろ、もうホントに沢山の情報にアクセスできる上にそれを業界の有識者が発信

していたりいます。

そのほとんどはGoogleが先生が何でも教えてくれる本当に便利な時代になったと感じま

す。

それが当たり前に感じるようになってしまったのでちょっと深掘りしてあれこれ調べた

り、まとめたりしてみました。

弊害と価値。昔と今

最近、業界に詳しい方のお話を聞く機会があったのですが、今から約150年前くらいの

江戸時代の情報伝達量と現代の情報伝達量を比べるとなんと200倍以上の差があるみたい

です。

それに近いうちに現在の100倍の情報速度と言われる5Gが浸透したら、

なんと、その差2万倍!!

、、、って言われても全然ピンと来ませんよね。私は全然ピンと来ません!(笑)

そこで調べてみると江戸時代は今でいう速報は狼煙(のろし)だったようです。

しかも、狼煙が連鎖して各所から上がることでそれなりの距離を伝達できる仕組みにな

っていたようです。ほんと0か1の世界ですね!分かりやすいと言えば分かり

やすいような、、、

さらに各藩によって色などを分け誤報を見分けられるようになっていたようです。

また飛脚が命がけで手紙を届けていたり伝書バトを使っていたり、

まさにアナログですね。

そんな時代だったようです。

そんな時代と比べて2万倍の差って事は情報に関して現代は2万倍早く時が進む!

つまりそういう事ですよね。なんだか凄い時代ですね。

でもたしかに、よくよく考えてみるとホントに現代は既に情報が飽和していて、

何が正しいのか分からなくなる事ってありますよね。

調べに調べて今が底値だ!って思って買ったはいいけど、

すぐ新製品が出て型落ちとなり値段が下がったり、

逆にそれが嫌で見送っているうちに結局いつ買えば正解なんだ?

って買う事そのものを躊躇してしまったり、、、

ビジネスにおいてもホントそうだと思います。

そして、現代人はそんな世に溢れる情報に振り回され集中力が下がって来ているというデータもあるようです。

たしかにツイッターやフェイスブックをはじめとしたSNSやそれに限らず、

スマホがあるだけで様々な通知で誘惑され続け気を取られてしまいがちなのは皆さんも良

く分かるんじゃないでしょうか。



取捨選択が必要な時代に

ゴミ箱

では、我々はどうすれば良いのか。

私は方法は2つあると思っていて、ひとつは数ある情報をインプットしつつも常に自分の中のブレないモノサシをしっかり持ち自分のフォーカスしたものに注力する方法。

もう一つは入ってくる情報そのものを意図的に絞ってシャットアウトする方法。ちょっと前衛的な感じで不安になりそうですが、あれこれ調べても結局言ってる事は一緒だったりするのでいっそのことシャットアウトしてまずは行動してみようという考え方です。

ちょっと考えてみて欲しいのです。

仮に毎日スマホに1時間とすると365日で365時間、約2週間です!

その時間を目の前のただ一つのことにフォーカスし注力するだけでなにかやりたかった事や、有意義な事を成し遂げられるんじゃないですか?!という考え方です。

ただスマホでは隙間時間なんかも有効活用出来るのでちょっと極端かもかもしれませんね。(笑)

5Gになったらどのように時代が進化するのか?!

凄く興味があるし楽しみです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました