スポンサーリンク

世界遺産や国宝、指定文化財の火災管理体制に関して

家事社会
この記事は約3分で読めます。

先日、とても悲しい事に沖縄県にある首里城が火事で焼失してしまった事件は、多くの人の記憶に新しい所だと思います。

一番最初に人の目に留まった動画はTwitterで公開されていたので、テレビで速報として流れていた動画も多分近所に住んでいた住民の人が撮影してSNSに上げた動画だった可能性が高いですね。

火災 消防 火事

今回の火災で問題視されているのが、火災報知機はあったのか?とかスプリンクラーは無かったのか?と言う点でしたが、火災報知機はあったかもしれないけどスプリンクラーは無かったそうです。

実は私、結構この業界に詳しいので分かるのですが、通常スプリンクラーのような設備はそれなりの面積や階数にならないと法的な設置義務がないのと、指定文化財という性質上その躯体に大きく手を入れるような設備を全域には付けられないのです。

なので建物内部を消火するためのスプリンクラーではなく、外壁や屋根、軒先などから外付出来るドレンチャー設備(水のカーテンのようなイメージ)が付いていたようですね。

ただ、ドレンチャー設備とは周囲などへの延焼を防ぐ目的が強いため今回のような建物内部からの出火の場合、スプリンクラーのように天井に備わるものではないためその出火場所を直接放水出来ないため今回のような火災にに繋がってしまったのだと感じるところです。



お寺 文化財

国宝や指定文化財に限らず、お寺なんかもそうですが、火災に万全に備えるため建物に大きく手を加えるのか、それともその躯体には極力手を入れずにありのままを文化財として維持し、関係者が日頃の防火意識を強く持って火災を予防しながら管理するのか、非常に判断は難しいのではないかと感じます。

また、第一発見者の人は警備員の人らしいですが、正殿のドアを開けた時には既に中が煙で充満していたとの事だったので、発見よりもかなり前から燃えていたと言う事になるでしょう。

今回の火災の原因は、まだハッキリとはしないもののその日の未明まで準備していたという、次の日にお祭りで使う機材などが原因になっている気がするのですが、そもそもそんな遅い時間にまで首里城の中に入っていられた時点で、管理体制がおかしくなっている事は明白だと思うのです。

基本的に重要な文化財クラスの建物に対しての管理体制はかなり厳しくされているのですが、首里城の管理は今年の初め頃までは国が管理していた所を沖縄県の管理に移行した事が、今回の火災に少なからず繋がっている可能性は拭い切れないでしょう。

火災の真実を追求するにはまだまだ材料が少ないとは思いますが、何とか原因や関連する情報を突き止めて行って欲しいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました