消費税の軽減税率が曖昧で分かりにくいんですが、、、

未分類

こんにちは!サイトーです。

今年の10月から消費税が基本的には10%になりましたが、特に食品の分野では8%に据え置きと言う軽減税率というのが発動されていますね。

この軽減税率、店で買って持って帰る場合は8%で済みますが、店で食べる場合は10%になるので注意が必要です。

ただこの法則をしっかりと守られていないのがスーパーや百貨店の食料品売り場で、持ち帰りで買っても店内のどこかで食べてしまったりする人が多いので、完全に持ち帰って自宅食べているわけでは無くなってしまうのです。

レシート 小売店

また、店内で食べていたけど食べきれなくなって持ち帰りになる場合も、10%だった消費税を8%にする事になるらしいので、申告すれば差額の2%が返ってくる?場合もある様です。

申告って、、、笑

せっかく無人化に向かっているレジなのに、店舗側もそんな生産性無いところにまた人件費かけるわけにいかないですよね、、、

この面倒臭い税率の所為で、これから苦労しまくると言われているのが税理士で、10%の税金を課した商品と8%の商品と売り上げとか他~確定申告の際に提出する文書の作成にかなり手間取るので、普段は一人の税理士が担当していたであろう作業を2~3人に増やしてやらないと、担当している企業の書類の作成が間に合わない可能性があるそうなのです。

お金 税金

なので、毎年決まった税理士に頼んでいると言う会社の方は、もしかしたら今回の書類の作成の料金は税理士側の人の人件費の関係で高くなってしまう可能性を念頭に置いた方が良さそうです。

とりあえず、外で食べようが中で食べようが自由にしたいのが消費者だと思うので、消費税は10%に固定し所得税などで収入ごとに調整して戻せば良いのでは?と考えてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました